2006年01月10日

つまりは

突発的に起きる大量のリソース要求に対して、どう対応するかに集約される。

経験上、通常の作業に於いて必要とされるマシンパワーは数年前のマシンでも十分な程度に収まっている。
だが、その状態に対してより多くの負荷が発生した際にどう対応するか、対応するために追加したリソースを平時にどう活用もしくは休眠させるか、その問題がなかなか解決しない。

つか、ハイスペックマシンを使う機会は決してなくならない割りに、普段使わない期間が存外に長いと言うことだ。
省電力とかを目的にすると、HMX.NETの人みたいに仮想化だけでは対応できないだろうし。
まあ、まだ悩みながらいくさ。
だがしかし
intelMacの上で仮想化環境動かしてwindowsが動いたらもうそれ一本になるかも知れんなw


posted by 切刃/キリハ/kiliha at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。