2006年01月15日

デジタル化

音楽はMP3とかにできる
デジカメの写真はそもそもデジタルデータ
文書とか雑誌の切抜きや銀塩写真は普通のフラットヘッドスキャナを使えばいい

銀塩写真、印画紙ならともかくフィルムだったらどうしたものか。

段々俺の部屋がスタジオ風味になっていく
機材だけ。
と言うわけで見てみると、フィルムスキャナって結構いい値段が。
ものにもよるけど、10万とかざらにするっぽい。

そこで目を付けたのがこれ。
DiMAGE Scan Elite 5400 | コニカミノルタ:[Amazon.co.jp]
買ったのはアマゾンじゃないけど。

たいてい5-8万円で売ってるっぽいね
俺が買ったところはもう売り切れてた。在庫処分売り切り特価だった品。
価格はまぁ。もっと安かったよ、と。

写真:フィルムスキャナと取り込まないといけない過去のフィルム
さて、とりあえず試しに何か読み込んでみるかな…

と言うか、買った目的はLOMO LC-Aの写真をデジタルにも残したいってだけなんだけどね
大学の頃にフラットヘッドスキャナで印画紙から取り込んだら結構うまく行かなくて
埃とかごみとか古い写真だと印画紙自体が劣化してたり汚れてたり
あと、どうあがいても「写真を取り込みました」風味が消えないっていうのが大きい

透過光で直接読むフィルムスキャナならそういうのを考えてもかなりマシなんじゃないか?と。
lomoの写真には思い入れがあるのも多々あるしね。
そういう意味できれいに残したいって言うのは無視できない。

そんなことを差し置いて昔の記録を見るのが自虐的な快感を引き起こすのはなぜだ。
何か35mmのフィルムを取り込みたい人はご一報どうぞ。
俺の都合によっては協力できるかもしれませんので。


posted by 切刃/キリハ/kiliha at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。