2009年05月31日

携帯機種変(親)

親の携帯がいい加減壊れてきて居る様なので、昔使ってたW52SAを使えるようにauショップに向かってみた。
昔の、というか現状で使用していた端末はwinになる前のもの、A1402S2だったかな?ソニー端末。
ヒンジの所が外装が分解しかけてたり、電池残量有るのに気がついたら電源が落ちてたり、電波入るはずの位置に居るのにセンターに飛ばされたり、携帯を携帯していない以上に使い物にならなくなって既に1年くらい…かなあ。本人も周囲も携帯を携帯しているつもりなのにそう言う現象だからより始末が悪い。

先日用が有って電話した時にもセンターに飛ばされたので、次に両親と行動を共にする機会があれば絶対に端末差し替えしておこうとケツイしていた次第。

・1件目(最寄りの駅前ビル内)
自分「持ち込みで機種変更したいんですが」
店員「しばらくお待ちください」→「通常の機種変手数料に追加してこちらのオプション(2ヶ月分で5000円くらい)に加入して頂く必要があります」
自分「このオプションが必須だというのはこちらの店舗独自の物ですよね、auのパンフレットには手数料しか記載されていませんし。無しだとどうなりますか?」
店員「こちらのオプションを2ヶ月分契約して頂く必要があります。2ヶ月経ったら解除できますよ?」
親「解除は何か手続きをする必要がありますか?」
店員「こちらと)こちらのオプションは今回のお手続き時に2ヶ月後に外すように出来ます。残りのこちらとこちらの物に付きましてはお客様で解除手続きをして頂く必要があります。」
自分「こちらのオプションの契約に関しては、機種変の際の書類に記載されている物ではなく、こちらの店舗との『お約束』、言うなれば2ヶ月というのも紳士協定のような物ですか。」
店員「はい。」
自分「では、2ヶ月待たずに例えばこの後機種変してすぐに私自身でオプションを解約した場合はどうなりますか?」
店員「しばらくお待ちください」→店の奥で店員4人以上が集まって会議20分

別の店員B「お待たせ致しました」
店員B「今回、オプション無しでの機種変更は出来ませんが、どうしてもと言うのであればこちらの端末(ソニーのウォークマンの小さい奴)を無料で差し上げます。それでこちらの持ち込み端末も使えるようにします」
自分「でもオプションは必須なんですね?」(こんな使いにくい端末余るし要らないw)
店員B「はい。」
親「じゃお断りします」

・2件目(駅を超えて15号線沿い)
自分「持ち込みで機種変更したいんですが」
店員「持ち込み…という事なので、通常の機種変手数料の2100円になりますね。こちらでお買い上げになったりした端末と異なり、保証のサービス等が有りませんがよろしいですか?」
自分「ええ、大丈夫です。2100円だけで、オプションとかは大丈夫なんですか?」
店員「今までのオプションはそのまま引き継ぎますが、何か変更のご希望が有れば伺いますよ」
自分「いえ、とりあえずそのままでお願いします」

→と言う訳で2件目で持ち込み機種変更


一件目は質問の受け答えごとに数分他のスタッフに確認に行ってたから新人だったんだろうな、最初の担当。そしてau本体のパンフに記載の無いオプション強制という時点で、au本体のauショップ検索に出て来なかったのもうなずけるというか更新されていないだけなのか。

本格的に嫌な客を演じた気がしないでもない。
まあ、結局契約ノルマやインセンティブ残ってるからなんだろうけど、あからさまに客の不利益だからなあ。

とりあえずちゃんとした店見つけられたから良いかなー。
今回のを目の当たりにしたのと契約内容の確認をしたおかげで、年明けには親もMNPしそうな雰囲気だからこれ以上お世話になる事は無さそうだけど。


posted by 切刃/キリハ/kiliha at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。