2010年01月28日

仮想環境整備

仮想環境の最初期の状態をイメージの書き出しで保管してるHDDを、そのまま死蔵しておくのももったいないので仮想環境のホストに追加。
3.5ベイに入れるとなぜかネジ止め出来ないとか色々あって、シャドウベイ用のステー買うのも面倒なので既存のシャドウベイにエーモンステーで追加設置。ついでにファンも数個追加したり交換したり。
次はVMを稼働状態のまま、スナップショット作成してコピーで仮想イメージのロックを回避できるかどうかだけど。
外付けのもう一つはTimeMachine用でそのまま使うかなー。


参考というかまんまコピー:
AKIBA de: 無償のVMware ESXiでホットバックアップを自動で実行する方法(のヒント)

#!/bin/sh
# vim-cmd vmsvc/getallvms
# ここで一覧を確認しておいて

vim-cmd vmsvc/snapshot.create 16 S1-backup-temp
vim-cmd vmsvc/snapshot.create 32 S2-backup-temp
vim-cmd vmsvc/snapshot.create 48 S3-backup-temp

cp -pr /vmfs/volumes/datastore1 /vmfs/volumes/datastore2

vim-cmd vmsvc/snapshot.removeall 16
vim-cmd vmsvc/snapshot.removeall 32
vim-cmd vmsvc/snapshot.removeall 48



サーバでほかのサーバのsmb共有をfstabに書いて自動マウントすると日本語が化ける。
仕方ないので/etc/rc.localで「mount -a ;/etc/init.d/mediatomb restart」とか書いてみる。
→失敗。多分2バイト言語のライブラリがまだ読み込まれてないんだろうか。

Cutting-Edge: samba設定の罠
ここには前回どうしたかが書いてねえーw

そしてDLNAのDBファイルをバックアップ。
アレかなー、メインのサーバ再起動して強制でfsck入ってる間に先に起動してマウント失敗したからかなー。


IRCの接続先サーバを書き換え。
irc.media.kyoto-u.ac.jp
irc.huie.hokudai.ac.jp
どっち使うかなー。


posted by 切刃/キリハ/kiliha at 00:05| Comment(0) | TrackBack(1) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

仮想環境整備3日目
Excerpt: 一昨日、昨日に引き続き、作業3日目。
Weblog: Cutting-Edge
Tracked: 2010-01-29 23:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。