2005年03月31日

続々アニメ化

ゴンゾ・ディジメーション:GDH、「マルドゥック・スクランブル」を革新的な3DCGキャラでアニメ化
:冲方 丁原作の人気SF小説の原作利用権を取得
:アップルシードみたくならないよね…
かえるずきんちゃん2株式会社ファルコン:はねむすアニメ化
:こっちはまだ普通っぽい。というか期待

マルドゥック・スクランブルはOVAか…
って言うか発売が先過ぎ。2006年末ってorz

リンク先から引用だけど多少省略とかもあります
株式会社GDH(中略)は、この度、冲方 丁原作の人気SF小説「マルドゥック・スクランブル」の原作利用権を取得し、アニメ制作のプリプロダクションを開始したことを発表いたしました。
(中略)
今回監督を務めるソエジマ ヤスフミは、ANIMATRIX制作や巌窟王デジタル・ディレクションなどを手がけ、3DCG技術を使用したアニメ制作に定評があります。今回は初の試みとして3DCGによる人物描写を使用した作品作りを行います。アニメ「マルドゥック・スクランブル」は、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)として、2006年末に発売開始予定です。

今回の作品は、GONZOが得意とする3DCG技術をよりふんだんに使った斬新な映像表現を用いていますが、海外アニメにみられるようなフル3DCGではなく、あくまでもジャパニメーションらしさを生かした、日本独自のテイストをもつ作品です。
(中略)
【小説「マルドゥック・スクランブル」について】
欲望と抑圧が支配する未来都市マルドゥックシティ。企業犯罪の影で少女が、犯罪者の記憶とともに削除された・・・。緊急法的措置スクランブル−09によって、電子干渉能力を得て蘇生した少女バロット。ネズミ型万能兵器ウフコックを手に、バロットは犯罪と自分の存在意義を立証するために戦うことを選択した。少女と敵と武器についての物語。株式会社早川書房より発行。

緊急法的措置はきちんと「マルドゥックスクランブル-09(オー・ナイン)って書いてくれよ…orz
でも、これどんな作品になることやら…途中で暫く全部ポーカーの描写なのに。
まさかポーカーの部分省いてアクションアニメにしちゃうのだろうか。それはやだなぁ


posted by 切刃/キリハ/kiliha at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のURL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。