2013年10月16日

Raspberry Pi設定

面白そうで導入してみたので記録を残してみんとす。

SDカード8GBを準備
http://www.raspberrypi.org/downloads
最新のNOOBSをダウンロードして解凍、出てきたフォルダの中のファイルをすべてSDカードへ
SDカードを取り出して Raspberry Pi に取り付ける
Raspberry Pi にHDMI、マウス、キーボード、LANケーブルを接続してからUSB電源接続
NOOBSで「Raspbian」を洗濯してインストール、完了したら再起動
raspi-configで、xの自動立ち上げは無し、locale をja_JP.UTF-8とLocale設定
Advanced Optionsでssh を enable
再起動後にifconfigしてから母艦からsshで接続確認
この段階でKBDとか画面とか外してヘッドレス運用開始

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo vi /etc/inittab
-> 不要な tty の無効化 /etc/inittab の該当部分をコメントアウト
#2:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty2

$ sudo apt-get install vim
$ sudo update-alternatives --config editor
-> デフォルトのエディタ設定変更

$ sudo vim /etc/network/interfaces
-> 固定IPに変更
$ sudo vi /etc/dphys-swapfile
-> swapを100から200へ

$ sudo apt-get install postfix
$ sudo apt-get install mailutils mpack
$ sudo apt-get install fetchmail
・postfixとfetchmailの設定:参考1
# vim /etc/postfix/main.cf
myhostname = 多分勝手に入力されてる自ホスト名
alias_maps = hash:/etc/aliases
alias_database = hash:/etc/aliases
mydestination = 自ホスト名, localhost.localdomain, localhost
relayhost = [送信に利用するsmtpサーバ]:ポート
mynetworks = 127.0.0.0/8 192.168.1.0/24
mailbox_size_limit = 0
recipient_delimiter = +
inet_interfaces = loopback-only
inet_protocols = ipv4
home_mailbox = Maildir/

# use SMTP-AUTH to the relay host (for OB25)
smtp_sasl_auth_enable=yes
smtp_sasl_password_maps=hash:/etc/postfix/isppasswd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = CRAM-MD5

# vim /etc/fetchmailrc
set daemon 30
set no bouncemail

defaults
protocol pop3
uidl
#no keep
keep
no rewrite
no fetchall
no mimedecode
no flush

poll 確認先のメールサーバ
protocol pop3
port 995
username "ユーザ名"
password "パスワード"
smtphost localhost
is 転送先のメールアドレス
ssl


・DDNSの自動更新スクリプトの移植
・SDカード丸ごとddとかでイメージバックアップ
RasPiをshutdown
$ sudo shutdown -h now
SDカードを母艦のmacへ
$ mount
SDカードの/dev以降を確認
$ diskutil unmount /dev/disk1s1
$ sudo time dd bs=1m of=wheezy-raspbian.YYYY-MM-DD.img if=/dev/disk1
Password:
7790+1 records in
7790+1 records out
8168931328 bytes transferred in 1038.352067 secs (7867208 bytes/sec)
1038.37 real 0.03 user 100.49 sys

復旧の場合はddのifとofを逆に

$ sudo apt-get install php5
・easybotter用スクリプトをscpで転送してcrontab記述


◆以下予定(-sは試行option)
$ sudo apt-get -s install apcupsd
-> UPS制御そのものは別で出来てるから不要かな?
 参考リンク
$ sudo apt-get -s install perl:もう入ってた

・l2tp/IPsecの環境確認
Raspberry PiでL2TPのVPNサーバーを立ててみた - えぢた 2.1 @k_zoar
RaspberryPIをVPN(L2TP)サーバにして、スマートフォンからVPN接続 - braintag
徒然なるままに。サハラ砂漠で大絶叫 第二部 - RaspberryPiをVPNサーバ@L2TP/IPsecにしよう (1)

・$ sudo apt-get -s install ruby
・javaVMはいらないかなあ…
posted by 切刃/キリハ/kiliha at 04:15| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。