2014年09月04日

Raspberry Pi その4

メモリ不足なのかなにか、まれに固まる現象へは毎週の再起動を設定。
していたものの、週の半ばで発生する事もあったため毎晩再起動に。

twitterbotでcpu温度の監視は定期的に実施しているものの、
夏場って言う事もあり室温も気になるので980円温度センサーを導入
・TEMPer (Amazon),  他にも上海問屋とか

・参考
Raspberry Piと980円USB温度センサーで北海道の冬をロギングしてみる
http://dolls.orz.hm/?p=8909
980円のUSB温度計を使ってLinuxから室温を計測する | 株式会社インフィニットループ技術ブログ
http://www.infiniteloop.co.jp/blog/2012/10/linuxthermometer/

sudo git clone git://github.com/bitplane/temper.git
sudo vi temper/temper.c

44行目
utc = gmtime(&t);
→utc = localtime(&t);
47行目
strftime(dt, 80, "%d-%b-%Y %H:%M", utc);
→strftime(dt, 80, "%Y-%m-%d %H:%M:%S", utc);

あともうちょっとしたのほうで出力の時間の後ろのカンマのあとに半角スペース追加
2012-10-15 22:01:48,27.825012
→2012-10-15 22:01:48, 27.825012
こうなるイメージ

sudo apt-get install gcc libusb-dev
sudo make
sudo chmod u+s temper

後は適当にステータス喋るbotの元データにぶち込んで終了
posted by 切刃/キリハ/kiliha at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。